看護師紹介会社の拡大している求人先の種類

看護師紹介会社の拡大している求人先の種類

 

 通常の看護師の就職先として考えられるところとしては病院やクリニック、施設がメインであると考えられる。多くはまずは常勤を募集しているので非常勤や派遣は…というところがほとんどである。

  だが、常勤を募集し続けていても需要と供給の差からどうしても「常勤のみ」と言い続けられない点はあるので、病院であれば病棟であっても日勤のみの常勤であったり、または紹介への切替を前提とした紹介予定派遣や名目上の紹介予定派遣、産休者がいる部署での産休代替派遣、といったところで求人先としては妥協せざるを得ないのが現状である。

  もちろんそういった求人先へ最初から紹介予定派遣や名目上紹介予定派遣を提案するのではなく、最初は常勤の求人として話を伺い、折を見て「実はご相談があるのですが…」と“相談をする”といった形で常勤以外は受け付けないような求人先の警戒心をほぐして現状紹介予定派遣を希望する看護師が多いことやミスマッチを防げるといったメリットを説明して提案する。これによりある程度抵抗無く派遣を了承してもらうことができる。

  また、最近では看護師の求人先として企業内の医務室求人や、健診センターでの求人、治験コーディネーターの求人といった案件も増えている。特に企業内の医務室求人に関しては看護師からの人気も高く、ハローワークや看護協会のホームページで記載されたとしてもすぐに充足することが多い。企業内の医務室のため福利厚生が充実し、時間外勤務がほとんど無く簡易な業務内容であることから人気を博している。そのため求人を獲得できた場合には即座に応募があり、売り上げに結びつくであろうことは想像に難くない。

  企業内医務室求人の場合、先方から最初は紹介予定派遣でその後正社員に、ということを提案されることが多いので派遣求人が多いことも売りであるポイントの一つとなる。

  ただし、医務室求人はハローワークや看護協会のホームページに記載される数がかなり少ないため、企業に直接確認をして事前に医務室がある企業リストを作り、パンフレットを送付するなどして事前に求人獲得のための種まきをしておかなければ求人獲得する確立が低くなってしまうため情報収集が必須である。

  上記のように今日では一言で求人先といっても病院だけではなく施設系や企業系といったバリエーションに富んだ求人が増えてきており、またその求人を獲得するための営業も対応するため紹介料を売りにするだけでなく、求人先への多種多様なアピールをすることが必要であると痛感している毎日です。