看護師紹介会社の看護師への誘導促進

看護師紹介会社の看護師への誘導促進

 

 この方がナースパワーに登録してきたときは退職をすでにしてあり、数か月は自分で職を探そうと思っていたが、紹介会社も使って仕事を探してみようと思い登録して頂いた看護師の事例です。

  退職理由は、仕事がハードになり持病が悪化したことが原因でした。

  最初の希望条件は100床以内の病院で、今まで経験してきた整形外科を生かした、忙しくない病院を希望されていました。通勤は30分以内と近場を希望され近場での就職希望をされていました。

  この方が住んでいる地域には病院求人も少なく、殆どの病院が急性期病院ばかりでご紹介できる病院も限られていました。なんとか急性期病院で1つ見学をしてもらいました。しかし、見学時に殆ど病院説明がなく、時間も掛けずに終了してしまったようで悪い印象を持っただけになってしまいました。それが原因か就職は急がずゆっくり決めたいとの連絡があり、看護師とも連絡が疎遠になってしまいました。

  ただ、持病があり悪化したのが原因ならば生活リズムがしっかりとれる、日勤のみのクリニックや施設を紹介していったところ、本人も病院にこだわらず、まずは自分の体調の事を考えて就職したい気持ちが強くなったとのことで、希望を違う方向へ持っていくことができました。

  通勤30分以上かかりますが有料老人ホームでの見学を進め、見学をした結果エリアマネージャーや施設長が対応して頂けたのですが、施設長が看護師の前職に勤めていた経験もあり、かなり話が弾み見学ではなくほぼ面接状態になり、もし応募して頂けるなら採用という言葉をいただくぐらい先方にも気に入っていただけたことで、看護師もその気になり、再度正式に面接になり、採用をいただけました。

  看護師の100%の希望をコーディネーターである私たちが紹介できるのが一番かもしれません。ですが、なかなか希望が100%合う求人を紹介できるのは少ないと思います。

  それを希望とは違くても、看護師を違う方向にどのように誘導していくのかが重要だと思います。

  今回のようにゆっくり探している方の場合は紹介回数も少なくなりがちかと思いますが、ゆっくり探しているからといって情報も少なくしてはならないと思いまいました。

  電話での会話をするにつれ、信頼関係や看護師の現状況(病状)までも詳しく聞くことができたことで今回の結果に繋がったと思います。最後には「感謝の気持ちでいっぱいです。担当が金子さんでよかったです」とうれしい言葉をいただきました。今後またこのような言葉をいただけるように、看護師さんに仕事をご紹介していきたいと思います。