看護師紹介会社の求人先との繋がりで増える実績

看護師紹介会社の求人先との繋がりで増える実績

 

 この仕事を通じて、看護師との繋がりも非常に大切ですが、それ以上に、求人側との繋がりも最近はとても重要と感じるようになりました。茨城県にあります『医療法人社団 耕潤会 ハートフルふじしろ病院』とは、紹介派遣ともに関係が深い病院の一つです。私がこの会社に入社して、もうすぐ5年が経ちますが、現在までで、この病院だけでも約10名成立させました。10名はまだまだ少ないように感じますが、もともと、茨城県取手市というこれといって何の特徴も無く、病院の名前も何度か変わった病院で、地元からの評判もあまり良いとは言えない、小さく古い病院でした。前までは、応募者がいても面接後の辞退や早期退職が続き、なかなかこちらとしてもアピール出来る良いポイントが非常に少ない病院だったのです。ただ求職中の看護師が地味に多いエリアでもあった為、実は、とても穴場な病院で、それに気づいたのは最近でした。ここの求人窓口になっている事務長は、とても気さくで明るい方で、はじめの印象は、ただ軽いだけで、それ以上の印象は残らない方だったのですが、一人また一人と紹介していくうちに、私のことも覚えてくれて、少し条件的に厳しい方でも向こうから色々提案してくれたりと、この方のおかげで成立に至った方も少なくありません。一つ例として、臨床に15年位ブランクがある47歳の看護師が応援ナースに興味を持ちました。年内に離婚する予定もあり、3人の子供を自分が養う関係で、給与重視で探していた方でした。通常の応援ナースでしたら、ブランク15年もある看護師を採用してくれる病院は、そうそう無いと思います。ハートフルふじしろ病院も始めは他の応援ナースがどう思うかということもあり、難しいという回答でした。でも、こちらの事務長は、この方が採用できるよう、“『復職支援ナース』として6ヶ月病院で勤務するとすれば、県から病院にお金入る。そしたら応援ナースの給与としても支払える。特殊な給与形態の 基本給34万4千円 の応援ナースとして、どうだろうか?”と自ら提案してくださいました。看護師も自身のブランクから考えれば、通常の給与をもらえないのは納得の上で応募、そして無事入職が出来ました。そして現在この看護師は、応援ナースから常勤になり、今もバリバリ働いています。私もこの紹介を機に、事務長とのコミュニケーションが深まり、その後は応援ナース数名、パート数名、紹介予定派遣1名(派→常勤)の実績が出来ました。最近は、応援ナースから常勤へ移行する方も着々と出てきております。やはり紹介した看護師が増えるごとに病院情報(良い情報も悪い情報)も増え、求人窓口との関係も深まり、お互いの信頼関係が築いていけると思います。信頼が築けるところは、より個人的視点で看護師に紹介することも出来るようになります。求人側の担当ともうまくやることで、今後弊社のパートナー的な存在となってくれるよう、これからは、求人窓口の方とも人対人との付き合いも大切にしていきたいと思っております。