看護師の派遣求人の促進方法について

看護師の派遣求人の促進方法について

 

 最近のさいたま支所では、何事も派遣を最優先で促進しています。新規登録時に看護師の希望に派遣がない場合でも、まず派遣求人をお勧めしてみたり、どんな希望の方でも、常に派遣を印象付けるよう幅広い提案を心掛けています。看護師の中には、あまり派遣という形態を理解していない人がまだ多くいまので、その為に、派遣のメリット、デメリットを混ぜ、促進と説明をしています。まずは、派遣と常勤では雇用主が違うということ。派遣となるとナースパワーの職員として勤務して頂くことを説明します。よく伝える派遣のメリットとしては、・期間を定めた短期勤務が可能・比較的高時給・サービス残業がない・条件によって社保・雇用保険に加入もできる・ナースパワーが交渉・フォローUPに入ってくれる ・様々な仕事を経験できる ・希望の職務が選べる ・ライフスタイルに合わせて仕事が選べる ・勤務時間があいまいではない・人間関係の煩わしさがない などです。派遣のデメリットとしは、・有休、賞与なし・勤務日数により月収が増減する ・常勤に比べ責任が軽い、仕事範囲が限られるなどで、物足りなさを感じる。・常勤と区別される。 ・契約期間が終わると仕事がなくなるなどの不安定感がある。と伝えています。派遣をやったことがなく、何となく不安という方には、紹介予定派遣のメリットも伝えます。・実際に働きながら就業先を見極めることができる。・経験を積んでから常勤(パート)になることができる。・ナースパワーが条件交渉などを就業先と直接行うので、納得した入職ができる。などです。昨年よりだいぶ派遣での成立件数を増やすことが出来たのは、派遣のシステムを自分なりに良く理解し、それをうまく看護師に説明することで、マッチングが上がったと思いました。自分が理解していないことを人に伝えることはとても難しい事です。入社当時は、派遣に関しての知識も促進方法も定まったものが無く、癖のある看護師を派遣してしまったりで派遣先などにも迷惑をかけたことも多々ありました。派遣で成立をあげたいがために、人選をしないで派遣してしまったことも責任を感じました。あとは、派遣先、看護師への定期的なフォロー連絡も最近では重要視しています。一度、派遣先からフォロー連絡が無かったとのことで、契約を更新できないケースがあったからです。紹介よりも色々慎重なやり取りが必要な派遣ですが、今後も派遣を重視した促進で、会社に貢献していきたいです。